ブログ

社長のつぶやき

構造内覧会のメリットとは?

櫻井建設の構造内覧会は、何を見る事ができるのか?どんな良い事があるかについてお伝えします。

もちろんながら施工途中ですが、どんな状態かというと、建物が上棟し、構造用のパネルとサッシが入った状態で、気密測定も完了している状態で行います。

弊社ではリクシルのスーパーウォール工法を全棟採用していますので、構造用パネル(断熱材と気密材と構造面材)というのがスーパーウォールのパネルという事になります。なので、建物の基本性能はこの時点で完了しています。

ではこの時に見るメリットですが、弊社ではこの時点でエアコンを設置していますので、完成時とほとんど変わらない温熱環境をご体感頂けます。

また、写真のように構造躯体(柱や梁、金物)の状態をご覧頂けます。

そして、高気密体験をするために気密測定用の排気機器を取り付けてるので、負圧(マイナス圧)の体験をする事ができます。

構造というと住宅設備がないので面白くない、参考にならないという意見も頂きますが、体感できるのは新築と一緒です。

またこの時しか見る事ができないのが、エアコンの先行スリーブや止水処理、窓下の防水シート、弊社で採用している金物工法(APS工法)がなぜ火災に強いのか?そんな一見マニアックに見えますが、家を選ぶなら納得して頂きたいのでぜひご覧ください。 来月は6/12、6/26と構造内覧会を予定してますので、ぜひお気軽においでください。完全予約制で1.5時間に1組しか案内してませんので、コロナ対策も万全です。宜しくお願いします。

資料請求 モデルハウス 現場見学会