ブログ

専務の独り言

温水暖房機について

こんにちは専務のさくらいです。

毎日本当に寒くなりました。暖房なしではもう無理ですね。

先日温水式暖房が温まらないとの事でオーナー様宅へお邪魔したので、温水暖房機の話をちょっとだけしたいと思います。

熱源機はガスを燃焼して温水を作りその温水で床暖房やルームヒーターで暖房する方式です。

温水にするものは通常不凍液を使用しています。この不凍液ですがボイラーの部分が半密閉式という構造の為に使用していると水分が蒸発します。そして不凍液も次第に劣化していきます。劣化の状況で不凍液や水道水を補充して使用するのが一般的です。

劣化は不凍液がサラサラしてない状況や不凍液が水のように透明になっている事などあります。今回は水のように透明になっていました。こうなると配管の中に藻が生えるのです。この藻によって配管の中が少し詰まった状態になり温水の量が減り暖房があまり温まらないという状況の様です。対策は配管内を洗浄して新しい不凍液に交換することになります。

温水式暖房機をご使用の方は暖房の使い始めはこの不凍液の状態を良く確認された方がよいですね。もし解らない場合は弊社にて点検させて頂きますのでどうぞ遠慮なくご連絡頂きたいと思います。

資料請求 現場見学会