ブログ

専務の独り言

全負荷蓄電池とは?

こんにちは専務のさくらいです。

皆さん昨日から大変な大雪ですね。この悪天候により各地では停電も発生している様ですね。そんな時はやはり蓄電池があれば!って事になります。

住宅用の蓄電池はまだ標準とはいかないですが少しづつ需要が増えています。

先日完成した弊社のモデルハウスには太陽光パネル+蓄電池が搭載されています。

蓄電池には全負荷と特定負荷の2種類あるのですが今回は全負荷のシステムが採用されているのです。

この全負荷と特定負荷の違いはというと全負荷は家にあるで分電盤のすべての回路に電気を送ることが出来ます。特定負荷の場合はある特定の部分だけに電気を送ることになります。蓄電池の容量によるところですが当然ながら全負荷は大きな蓄電池が必要です。特定負荷は小さい蓄電池で可能です。例えば電気がなくて困るのは冷蔵庫やお湯を沸かすポットの電源そして携帯の充電など使用を限定的にする必要があります。そして100VだけなのでIHや大きなエアコンには使えないのです。

変わって全負荷は分電盤全体に電源を供給できるので200Vの機器は使用可能になります。そしてこの全負荷の場合は停電により電気が落ちると自動的に蓄電池電源に切り替わります!昨日強制的にブレーカーを落として確認したのですが

わずか2秒程度で復旧してしまうのです。驚きです!

今回太陽光パネルと蓄電池のシステムは東北電力のソーラーeチャージを採用しております。

こちらはリースプランなので自分でこのシステムを買うのではなく毎月使用料を払って10年後(15年に変わりました)には無償で自分の所有になるものです。初期投資額はゼロ円です。

なおかつ発電した電気は自分で使えます!すごい!

詳しくは東北電力のソーラーeチャージで検索して頂ければと思います。

明日の25日より弊社の南松原モデルハウスがオープンします!ぜひこのシステムをみて頂きたいと思います。

自然災害が多い世の中なのでこういった備えを持つことはもちろん必要ですが、建物自体も基本性能が高くないとこういったシステムも威力を発揮できません。その点櫻井建設では未来基準の性能で安心して暮らせます!ぜひモデルハウスをご覧になって体感して頂きたいと思います。

なお内覧会は予約制となっておりますの弊社のHPよりご予約をお願いします。

資料請求 現場見学会