ブログ

社長のつぶやき

快適生活の勧め 5月から冷房運転開始

今日は快適生活についてお話をしたいと思います。山形市もここ3日ほどで一気に気温が上がってきましたよね?通常はゴールデンウィークに真夏日になるイメージだったのですが、今年のゴールデンウィークは雨の日が多く寒かったですね。それがここにきて暑くなりましたね。

さて今回はエアコンの使い方についてお話しますね。ポイントは2つです。いつから冷房を使うか?またいつから暖房を使うか?です。
夏の冷房エアコンは、5月(今月)からお使いになる事をお薦めします。設定温度は27℃です。
冬の暖房エアコンは、9月からお使いください。設定温度は22℃です。

この時に8月までの冷房運転から暖房にすぐ切り替えることで、実はエアコン内部の結露(カビの原因)を乾かす効果も期待できるので、次の年の夏にやっていたエアコンクリーニングも必要なくなる可能性が期待できます。

ではなぜ真夏が来る前に冷房を使うのか?これは、室内の壁や天井が暖かくなるのを防ぐためにです。室内の石膏ボードを空気(エアコン)で冷やそうとすると、空気を冷やす熱量の1000倍もの熱量が必要です。という事は、壁をいかに温めないようにして夏を迎えるか?が大切なんですね~。 5月からの冷房で室内壁が冷えていたら、空気は壁の1/1000で冷やせます。という事は、少しの冷房で簡単に室内を快適温度にすることが可能です。ぜひ今月から27℃で冷房運転をしておくときっといつもの夏と違う快適生活が期待できます。

詳しく聞きたい方は、ぜひ来週末(5/22、23)に開催される「山形市上椹沢に建つ暖涼の家」完成内覧会へお越しください。コロナ対策として完全予約制で1.5時間に1組づつご案内でしております。
ご予約はメール、HP、電話にて承ります。どうぞ宜しくお願いします。

資料請求 モデルハウス 現場見学会