ブログ

スタッフ日誌

桜の植樹祭を行いました

4月11日に、弊社でスーパーウォールの家を建てていただいたオーナー様を対象に、第1回桜の植樹祭を開催しました。
櫻井建設ではSDGsに取り組んでおります。(SDGsについて詳しくはこちらをご覧ください)
SDGsの15「陸の豊かさも守ろう」という目標で弊社では緑を守る住まいづくりを行っています。
そちらの活動として、上山市(蔵王)にある「さくらい森の家」にて今年から桜の植樹をすることにしました!

新型コロナウイルスの感染対策として、ご参加いただいたオーナー様には時間をそれぞれずらしてご参加していただきました。
本来ならば皆さまにお集まりいただき、しっかり植樹の説明をさせていただいて、わいわいと植樹をしていただきたかったので少し残念な想いです( ;∀;)

では植樹の様子をお届けしたいと思います!

まず初めに造園屋さんからレクチャーをしていただきました。
桜の種類はヤマザクラ。
ソメイヨシノもきれいですが、今回は山での植樹ということもあり、山には山にあった桜が良いということでヤマザクラになりました!


はじめにプラスチックの容器から苗木を取り出します。
スポーン!と抜けてしまうアクシデントも笑
造園屋さんは「抜けても問題なし!」とおっしゃっていたのでご安心ください!


穴の中に入れたら、根の部分が隠れるくらい土をスコップで入れていきます。


S様。
奥様が率先してスコップを握られていました!
素敵な奥様です(*´Д`)


ある程度スコップで土を入れたら今度は手押しの一輪車で穴を埋めていきます。
こちらは別のS様。
娘さんがパパの雄姿をビデオカメラで撮影しておりました(*´Д`*)


次に苗木と支柱を紐で固定します。
見てお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、苗木が思っていたより細く・・・支柱がとても太くなってしまいました・・・!
来年の冬、雪がたくさん積もっても大丈夫ですね・・・( ´艸`)


紐で結べたら今度は苗木の周りに溝をつくって水を入れていきます。
なぜ溝を作るかというと、水が横に流れてしまわないように。
根元に水が留まるようにするためだそうです。


最後にオーナー様の目印になるようにプレートをつけました。
ご夫婦で交代でつけるオーナー様もいらっしゃれば、自信がないからと大工さんにお任せしてくださるオーナー様、奥さまが率先してドライバーを握られるオーナー様、いろいろな幸せ家族を拝見させていただきました!

最後にオーナー様ごとに記念撮影をさせていただきました!
植樹していただいた桜がきれいに咲くのは5年後だそうです。
5年後、「植樹をした年はコロナウイルスが大変だったな~」なんていうお話をしながら楽しくお花見ができたらいいですね!(*^▽^*)

桜の植樹祭は今年だけではなく、来年以降も続けていきたいと考えております!
弊社でスーパーウォールの家を建てていただいたお客様で、残念ながら今年はご参加いただけなかったオーナ様も、是非来年以降ご参加いただければ嬉しいです。
目指せ桜の名所!

資料請求 モデルハウス 現場見学会