05-00-2
家族が健康な生活のできる住まいのために。
私たちの皮膚は、常在善玉菌に守られ健康を保っています。
現在、住宅は高気密・高断熱が主流であり、また、内装のすべて(床材・壁クロス・カーテン・住設機器)は抗菌加工が施されています。
従って、新築の部屋は無菌室に近い仕様となっています。
そこで生活を続けると、特にお子様の健康にとって最も大事な抗体が出来にくい住宅環境が作り出され、乳幼児の健全な成長が阻害される危険性が指摘されています。
尚、ベビー服業界では、乳幼児・児童の皮膚を守っている善玉常在菌の数を減少させる抗菌加工を、やめるメーカーが続出しています。抗菌加工は、薬品加工となっており、良い菌も悪い菌も同時に抑え込むことが問題です。
しかし住宅業界は、いまだに抗菌加工による家づくりが、行われています。
05-00-3
05-00-4

05-00-5

抗菌加工は私たちの皮膚を守る善玉常在菌まで減少させ、アレルギー・アトピーの人には悪影響を与えます。
なんと一生涯で、自分の体に入るすべての物質(食べ物・飲み物等)の56%は、自宅の呼吸によって数お部屋の空気です。上図のように、これだけの量の空気が、住む人の健康の大きく影響するということです。
05-00-6

05-00-7
※1)FFCテクノロジーとは、木材・建材・クロス等の素材に含まれる水分(結合水)に水溶性の2種類の鉄(Fe2・Fe3)ミネラルを最新技術により含浸させる技術です。化学物質等に、FFCテクノロジーを活用し、2種類の鉄ミネラルを含浸させることで、化学物質の害を最小限に抑える事が出来るようになりました。
05-00-8

部屋のカビやダニの発生を抑制するFFC活用の建材は善玉常在菌を増加させ悪玉菌を減少させます。

マイナスイオン効果で花粉症などアレルギー・アトピーをやさしく包み込みます。

人は善玉常在菌に守られ健康を保っています。極度の抗菌加工が新たな健康被害を発生させています。

お肌がきれいになり、アトピーも改善される優しい部屋。

カビの抑制でアレルギー症状を抑えます。

FFC免疫加工は化学物質を加工工程の段階で分解揮発させ安心安全な素材として仕上げます。
建築実例 Example
山形市銅町1丁目