ブログ

社長のつぶやき

櫻井建設が考える高性能住宅とは④

お久しぶりに高性能についてお話したいと思います。今まで弊社が考える高性能は

①断熱性能について

②気密性能について

③耐震性能について

をお伝えしてきました。これらはどれも弊社の標準仕様ですが、後々直すことが困難なので絶対守るべき仕様となります。

では今回の④ですが、室内空気環境についてです。こちらも当然標準仕様となります。

弊社の建物は、全棟免疫住宅となっています。これは内部仕上げ材に特殊加工をした材料を使います。これを免疫住宅と言いますが、実際にはプラスマイナスゼロの家です。何がプラスマイナスゼロなのか?というと、新建材からの匂いや刺激は人体に良くない影響があるのはご存じですよね?その為にシックハウスの法律もできた訳です。ところが、建築基準法で定められている有害物質は、2種類(ホルムアルデヒド、クロルピリホスだけ)です。これ以外にも有害物質は存在します。なのでF☆☆☆☆の建材を使っているから安全とは言えないと私たちは考えています。そんな化学物質を押さえ人間がもともと持っている免疫力を下げない、そんな住まいがFFC免疫住宅です。

また、体内に取り込む栄養素は、空気、水分、食物ですが一番多いのが空気です。

 

しかも、内臓で分解されずに血液に取り込まれてしまうので、健康な住まいには空気環境が大切です。

なので弊社が考える健康住宅④は、空気環境の良い性能となります。

 

資料請求 モデルハウス 現場見学会