ブログ

現場日誌

成沢「SAKURAI e-Terrace平屋」基礎工事まで

こんにちは!山形市成沢の工務店、櫻井建設です。
成沢西でSAKURAI e-Terrace2棟新築工事を行っております。
先に着工した平屋の工事の様子をお知らせします。

SAKURAI e-Terraceとは、山形の未来型コンセプト二世帯住宅です。
平屋と二階建ての連結型住宅で、新しいカタチの二世帯(三世代)の暮らしを実現し断熱・気密・換気のバランスがとれた設計で常に快適な室内を保ちます。更に太陽光パネルとEV蓄電の併用で、生涯光熱費を削減し、環境問題への積極的な貢献につながります。
※今回はSAKURAI e-Terraceの考え方を取り入れた平屋と2階建てを隣り合わせで建設しています

建て替え工事となりますので、解体事前に今年の1月に解体お祓いを行いました。
無事に工事が行えますように、お家にこれまでの感謝と共にという思いを込めて宮司さんが来ておはらいをしていただきました。

解体工事中です。

約1か月かけて更地にしました。

更地になったら、地盤調査後に基礎工事の着工となります。
捨てコンクリートの打設を行った時の様子です。
建物の基準線を出したり、型枠を設置しやすくするために打設するコンクリートになります。
※打設とは…生コンクリートを枠の中に流し込むことをいいます

基礎配筋検査を行い、無事に合格がでたため型枠工事をしている様子です。
建物の強度や耐震性を左右する基礎となるため、とても重要な作業の一つです。
弊社では、第三機関のJIOで検査を行っています。合格しないと、次の工程に進めないため、間違いのない工事ができます。 

型枠検査が無事終了した後は、基礎コンクリートの打設を行っていきます。
このあと型枠をばらしコンクリートに十分な強度が出たら型枠を外すと間取りがはっきり見えるようになります。基礎工事が終わると建て方が始まります。

次回は建て方の工事の様子をかいていきます。

資料請求 不動産情報 イベント