13-00-2
13-00-3 長期優良住宅とは、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(平成21年6月4日施行)に規定する、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が構造及び設備について講じられた優良な住宅のことをいいます。

簡単に言うと、「いい家をつくって、ちゃんと手入れして、ずっとその家を使おう」ということです。

法律の制定により、一定以上の住宅性能を確保し、維持保全に関する計画を作成することで、「長期優良住宅」として国から認定※を受けることができます。 認定を受けた建物に対しては、税制面で様々な優遇措置が設けられています。

※国の認定には申請費用が別途かかります。
13-00-4
新築木造一戸建て住宅の場合には、
長期優良住宅の認定には次の7つの基準があります。
13-00-5 長期優良住宅は、劣化対策、耐震性、省エネルギー性などの住宅性能が高く、良質な住宅ですが、当然その分の建築コストは一般住宅より高くなる傾向があります。

しかし、良質な住宅ストックを普及させ将来世代に継承するために、長期優良住宅と認められたお家には、国からの様々な優遇措置がはかられています。

櫻井建設では、快適に過ごす事ができ、そして多くの優遇措置を受けられる長期優良住宅を、全棟対応としています。

 

13-00-6
一般住宅では500万円の最大控除額が、長期優良住宅の場合は、
最大600万円となります。(平成22年居住開始の場合)
13-00-7
これまでは所得税だけを対象にした住宅ローン減税でしたが、住民税も控除を受けられます。
所得税から控除しきれない場合には、翌年度の住民税から一定額の控除を受けることができます。
(当該年分の所得税の課税総所得金額等に5%を乗じて得た額(最高9.75万円)を限度)
 ◆主な要件
 ①その者が主として居住の用に供する家屋であること
 ②住宅の引渡し又は工事完了から6ヶ月以内に居住の用に供すること
 ③床面積が50m2以上あること
 ④店舗等併用住宅の場合は、床面積の1/2以上が居住用であること
 ⑤借入金の償還期間が10年以上あること
 ⑥合計総所得金額が3,000万円以下であること
建築実例 Example
山形市成沢西
建築実例 Example
山形市蔵王半郷
建築実例 Example
山形市小白川町