14-00-2
低炭素住宅とは
低炭素建築物とは、二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物で、所管行政庁(都道府県、市又は区)が認定を行うものです。断熱性などの省エネ基準を満たした上で、冷暖房設備や給湯設備のエネルギー消費量を平成20年度時点での一般的な設備より10%削減することが求められています。基準をクリアするには、外壁や床などに断熱材、窓に複層ガラスなどを用いて省エネ基準を満たし、さらに高効率給湯器や太陽光発電、節水機器、住宅劣化対策などを組み合わせ必要があります。
 14-00-8
14-00-4
低炭素住宅認定では長期優良住宅よりも低いハードルで、
長期優良住宅認定同等の税制優遇
さらに容積率の緩和を受けることができます。
14-00-7
建築実例 Example
山形市東原町