山形市-高断熱グループホーム
02-01-3
敷地面積:358.45㎡(108.43坪) 延床面積:306.45㎡(92.70坪) 建設地:山形市花楯 
構造・規模:木造2階建て 工法:スーパーウォール工法(T65) 工期:4ヶ月 

山形市花楯に建設されたグループホームは、上山の建物をご覧になったお施主様が同レベルの断熱性能、環境性能で建てたいという事から始まりました。
要望通り今回も(株)LIXILのSW工法で建てられました。高性能を示すUA値は、0.57W/㎡・K) と基準の0.75を大きく上回ります。気密もC値0.41c㎡/㎡と高気密の基準2.0c㎡/㎡以下です。1年中温度変化の少ない住まいで、入居者様は、快適に健康に住まいして頂けると思います。