上山市-高断熱グループホーム
02-01-3
敷地面積:998.98㎡(302.19坪) 延床面積:438.17㎡(132.55坪) 建設地:上山市弁天 
構造・規模:木造2階建て 工法:スーパーウォール工法(T65) 工期:5ヶ月 

上山市の建設された建物は、高性能なSW工法で作られたグループホームです。内部には(FFC免疫加工)を施してあり、温熱も空気環境も非常に高いレベルで設計されております。
高性能の指標であるQ値(1.65W/㎡・K)と上山市の基準2.4を大きく上回ります。北海道地区の基準が1.6以下ですので、2ランク上の性能と言えます。ここでお暮しの12名は、とても快適に過ごして頂いており、また光熱費も予想以上に安くすんでいるそうです。
高性能な建物は、暮らす方にも運営する方にも喜んで頂いており、我々も非常に嬉しく思っています。