15-00-2
15-00-3 ゼロエネ住宅とは

ゼロエネ住宅とはゼロエネルギー住宅(ゼロエミッション住宅)、すなわちエネルギー消費量またはCO2排出量がゼロの住宅のこと。

「各家庭で消費する(使用する)エネルギーを出来る限り少なくして、それでも使用しなければならないエネルギーについては太陽光や熱などの再生可能エネルギーでまかない、CO2排出量をゼロにしよう」というものです。省エネの一歩先を行く、もっと地球と家族に優しい、新しい家創りの考え方です。
補助限度額 一戸あたり165万円


住宅の躯体・設備の省エネ性能の向上、再生可能エネルギーの活用等により、年間での一次エネルギー消費量がネットでゼロになる新築及び既築の住宅。補助対象費用の1/2以内です。
(※補助限度額 一戸あたり165万円)
ゼロエネ住宅」の定義


国土交通省では「住宅のゼロ・エネルギー化推進事業」として中小工務店に、経済産業省では「住宅のネット・ゼロ・エネルギー支援事業」として建築主または所有者に、それぞれ補助金制度を設けて、これを奨励しています。
また、環境省は「脱温暖化2050プロジェクト」の中で、温室効果ガス(CO2)の70%削減を目標に掲げています。日頃から再生可能エネルギーを上手に活用し、地球環境に優しい暮らしをすることが求められています。
15-00-8
15-00-11

15-00-9
建築実例 Example
山形市清住町